• 千葉市には保育士不足に悩んでいる保育園が沢山ある

    最近では夫婦共働き家庭が増えていますが、千葉市でも夫婦が共に働くことによって生計を立てているケースが増えています。


    千葉市の人口はここ数年増加傾向にあり、千葉県の中で人口が一番多い市として政令指定都市にも指定されています。



    人口が多くなるとそれに伴ってマンションの家賃も高くなるので、千葉市で住むとなると生活費がとてもかかります。

    そのため夫婦共働き家庭が増えているのですが、小さな子どもがいるご家庭では子どもを保育園に預ける必要があります。


    しかしその数が足りないために、子どもを保育園に預けることが出来ずに仕事を辞めざるを得ない女性が沢山います。


    子どもが生まれた場合には会社から育児休業を取得できるシステムになってはいるのですが、いつまでも休む分けには行かずに期限が決められています。

    千葉県の保育士情報サイトはこちらの最新情報が知りたい方にはこちらです。

    その期限までに職場に復帰しなければならないために、何とか保育園を探すために苦労している女性が沢山いるのです。



    ただどこの保育園も一杯で預けるところがないために、職場に復帰することを諦めざるを得ない女性が大勢います。

    保育園としても多くの子どもを預けたいとは思っているのですが、保育士が不足しているためにそれが叶わないのが実情です。
    保育士が少なければ受け入れることの出来る子どもの数が限られてしまうので、保育園側としてもどうすることも出来ないのです。しかしこの状態が続くのは国にとっても女性にとっても好ましいことではないので、保育士不足を解消するために様々な努力をする必要があります。